【スポンサーリンク】

菅首相来韓はない?韓国大統領候補の「痛烈な日本批判」に、中国人から反響が

 韓国で次期大統領候補と呼ばれている李在明京畿道知事が1日、日本が「徴用工訴訟問題と関連し、韓国が日本企業の資産を売却しないと約束してこそ菅義偉首相が韓国を訪問することができる」と明らかにしたことについて、自身のフェースブックで反論した投稿が大きな反響を呼んでいる。

 

 李知事は「元慰安婦、強制労働問題は、誰が何と言おうと加害者である日本が作った問題である。真の和解のための謝罪は被害者が許しもういいと言うまで、本気でするのであって『ほら、謝罪だ』で簡単に済ませるものではない」と主張。「日本と韓国は、複雑で微妙な歴史的、国際政治学的、外交・軍事的、経済社会的問題を解決するために、政治外交と経済社会の分離、相互尊重と理解という大きな原則を守らなければならない。日本がいくら否定しても侵略と残酷な人権侵害の歴史は大韓民国にとって歴史的真実であり、現実である」と持論を展開した。そして、「明確な三権分立で政治の司法介入が禁止された大韓民国は、政治の司法判決介入は違法であり常識的にあり得ないため、日本の‘徴用判決に対する政治介入'要求を理解することも、受け入れることもできない」と指摘した。

 

 また、「政治経済分離の原則を破って韓国を攻撃した‘輸出規制'は、韓国には技術独立の意志と機会を与えたが、日本企業への裏切りだった」と糾弾した上で、「政治は国利民福のためにするものだが、国民がしばらく目を離しても、政治家や所属政治団体のために国利民福に反することは、古今東西を問わず、現実のようだ」と日本政府の対応を痛烈批判した。

 

 李知事の一連の訴えは、共同通信が日本外務省の幹部として、「徴用工訴訟問題と関連し、韓国が日本企業資産を売却しないと約束してこそ菅義偉首相が韓国を訪問することができる」と明らかにしたと報じたことを受けて反論したものとみられる。

 

 ネット上では、「知事と言う事は政治家ですね。心から無知だなと思う。謝罪をするしないで無く、国家間条約なんですよ。理解してますか?三権分立も理解してない。三権分立は国内の事であり、国家間条約や国際法に抵触する場合は、立法府が解決する。こんな事すら知らない輩が政治家やってるって、どんだけレベルが低いんだ?知らないなら、馬鹿と思われるから口出さず黙っとけ」、「イ・ジェミョン。正しい歴史の教育が受けれなかったんだね。可哀想だが、小学校からやり直した方が良いかと。日本は毅然と対応し、こんな一知事の暴言を許さない様に徹底下さい」など李知事を酷評の声が。

f:id:imp0201:20200914170356j:plain

 また、「外務省も甘いな。資産現金化しないと確約すればとか言うけど、何度も約束事を反故にしてる。お国柄だよ。もし確約を取り付けれたとして後に反故にされたら国際社会に笑い者として晒されるだけですよ」、「ここまで言われていろいろな反日行動を世界中でされているのに日本政府は何故、遺憾砲だけなのか不思議に思う。レッドチームに取り込まれないようにするため致命打は与えないのかな?でも、明確に宣言はしていないけどもうムンムンの心はレッドチームです。情報でも物資でも横流しされないよう入国や規制を厳しくしないと。もう遅いかもしれませんが…」と日本政府に強硬な対応を求める書き込みも。中国人のネットユーザーからは「日本の政権が変わっても韓国の関係改善は非常に難しいだろう」という意見が見られた。