【スポンサーリンク】

韓国政府が「日本とGSOMIA破棄の再検討」に、中国の反応は

 韓国紙・中央日報が12日、韓国政府が昨年11月に失効を回避した日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、大統領府が破棄を再検討していると報じて大きな波紋を呼んでいる。

 

 同紙によると、韓国政府が輸出管理厳格化措置の撤回に関して日本政府の動きが進まないことに不満が高まっており、大統領府関係者の話として「遅くとも3月中には最終決定を下すべきだという雰囲気」と報じた。

 

 日韓両政府は昨年12月に輸出管理に関する政策対話を3年半ぶりに再開。日本はその後に半導体材料に関し、手続きを一部緩和していた。文在寅大統領は両国の関係がさらに発展するとして、輸出管理強化制度の撤回を日本側に要求しているが、目立った進展はない。

 

 ネット上では、「選挙前に何とか成果が欲しいための圧力のつもりでしょう。一旦更新すれば次の見直しは1年後。無理に廃棄すれば協定違反。絶対破棄できないことは明白」、「GSOMIA破棄は中国への手土産。習近平の舎弟の文在寅としては習近平訪韓の為の切り札だと思います。韓国を切り捨てる心構えが有れば何の影響もありませんが、最低限対馬に基地を作る必要はあると思います」などの指摘が。また、「そもそもGSOMIAって更新から1年間有効で、途中で破棄出来る条件なんて無かったと思います…。ルールに則った延長なしならともかく、ルール無視の途中破棄なんて米政府の反応が楽しみですわ。ちなみに日本政府は高みの見物でしょう。米国の手前『遺憾です』ぐらいは言うかもしれませんが…」という意見も見られた。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 中国のネットユーザーからは、「この論理は通じないだろう。日本とすぐにGSOMIAを破棄することはできない。新型ウイルスで大変な時に文政権は何をしたいんだ?」というコメントが見られた。今後の韓国政府の動向が注目される。