【スポンサーリンク】

韓国議員「安倍氏の『韓国G7参加反対』は嫌韓政治」に、韓国国内で意外な声が

 韓国与党「共に民主党」の宋永吉議員が28日、日本が主要7カ国(G7)首脳会議を拡大して韓国を参加させるという米国の構想に反対意志を表明したという共同通信の報道に関連し、自身のフェィスブックで「相次ぐ政治不正などで低迷している支持率を挽回するための『国内用嫌韓政治』だ」と批判した

 

 共同通信によると、日本政府は先月末にドナルド・トランプ米国大統領がG7に韓国・オーストラリアなどを含めようと明らかにした直後、米国政府に韓国の参加に反対するという立場を伝えた。日本は北朝鮮や中国に対する韓国の姿勢がG7とは違うとして憂慮を表明しながら、現在のG7の枠組みを維持するべきだという意志を米国に明らかにし、米国側は「トランプ大統領が最終的な判断をする」と反応した。

 

 宋氏は「韓国は『K-防疫』の代表走者」とし「トランプ大統領が『世界で起きていることを適切に代表していると感じられない』G7を拡張し、『K-防疫』の代表走者である韓国を招待すると話したのは当然のこと」と主張。「それにもかかわらず、安倍内閣がG7拡大計画に反対し始めたのは『アジア宗主国』の地位を奪われまいとする試みを越えて▲(新型コロナ)防疫失敗▲相次ぐ政治不正などによって低くなった支持率を挽回するための『国内用嫌韓政治』」とし「世界3位経済大国の地位に釣り合わない『下手政治』」と安倍政権を酷評した。そして、「韓国がG7に参加することに対する嫉妬以前に、日本が『J-防疫』の代表国になるために努力することが先」とした上で、「ぜひ安倍内閣が『姑息な手』を引っ込めて責任ある国際社会の責任ある一員として行動に出るよう求める」と訴えた。

 

 韓国のネットユーザーからは「宋議員の言う通り、安倍政権はコロナ対策での失政を挽回しようと矛先を韓国に向けている。G7の韓国出席を妨害するのはみっともない」、「韓国を脅威に感じているからこそ、安倍はG7に入れたくないのだろう。米国が入れたいと言っているのだから素直に従えばいいのに」など賛同の意見が。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 一方で、「日本の報道で報じられているだけで、実際は安倍首相がそんなことを言っていない可能性がある。まだ確定情報でないのだから慎重に対応するべきでは」、「日本の報道のみで嫌韓政治と決めつけのはどうなのか。文大統領がデマ報道で反日だと言われて嫌な感情になるのと同じだ」という意見も見られた。