【スポンサーリンク】

韓国ドラマ「愛の不時着」が日本で大ブームに、中国で「ある心配」の声が

 米大手映像配信会社・ネットフリックスが提供している韓国ドラマ「愛の不時着」が日本で大ブームになっている。

 

 韓国の財閥令嬢がパラグライダーで飛行中、アクシデントで北朝鮮に不時着して出会った北朝鮮兵士と秘密警察の目を逃れながらも二人は恋に落ちていくというストーリーで、韓国では最終回が24%を超える視聴率に。日本でも女性の口コミで視聴者がどんどん広がり、今では幅広い年代の男性からも多くの支持を集めている。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 ネット上では「毎回見るたびに涙が出る。韓国もそうだし北朝鮮も身近に感じた」、「北朝鮮も悪い人ばかりではない。自分の目で実際に行ってみて一度確かめたいと思った」などの書き込みが。これらの反応に対し、中国のネットユーザーからは「日本人の皆さんはドラマを現実と錯覚している。北朝鮮はそんなに素晴らしい世界ではない。もう少し冷静になった方がいい」とドラマの世界に盲目になった視聴者を心配するコメントも見られた。