【スポンサーリンク】

韓国国防費の今後の予測に、「日本の将来は危うい」の声が

 韓国紙・中央日報が、韓国国防費が遅くとも26年に日本国防費を上回る見込みであることを報じた。

 

 国防部によると、今年の韓国国防予算は50兆1527億ウォン(約4兆7000億円)、日本の防衛予算は5兆3222億円だ。26年韓国国防予算は71兆2000億ウォンを上回り、日本の防衛予算69兆6000億ウォンより2%程度多くなるという。韓国の国防予算は01年に日本の防衛予算の30%水準に過ぎなかったが、11年に60%水準、20年に86%水準まで上昇している。特に、文在寅政府が発足してから最近3年間10兆ウォンが増加した影響が大きい。国内総生産(GDP)に比べて国防予算の割合は11~17年まで年間2.2%水準にとどまったが、今年2.5%水準まで上昇した。 

f:id:imp0201:20191229165353j:plain

 このニュースにネット上では、「国の経済規模からすると、信じられないくらい軍事費に使ってる事になりますね。近い未来に経済がおかしくなるのが確定的になるような気がする。人口が日本の半分以下で軍事費が同じなら、1人当たりの国民負担は日本の倍ですもんね」、「気になるのは敵国日本というシナリオだ。日米韓の結束が乱れレッドチーム入りする可能性はなくはない。外交に想定外はつきものと心得、同時に『平和とは戦争と戦争との間の一時』という言葉を胸に秘めておかねばならない」などの書き込みが。一方で、「日本は1990年頃は世界2位の軍事費だった。今は中国やロシア、インドなど周辺国に追い抜かれ韓国にも追い越されようとしている。かつて東アジア最強の海軍力だったがこのままでは北朝鮮を除き最弱国になってしまう。せめて国家予算の3%を軍事費にしなければ日本の将来は危うい」とという指摘も見られた。