【スポンサーリンク】

韓国公立高校のある教育方針に、「子供たちがかわいそう」の声が

 韓国・ソウルの仁憲高校で「反日教育」が強制されていると訴えた在学生たちの告発が大きな反響を呼んでいる。

 

 朝鮮日報(日本語電子版)によると、一部の在学生がフェイスブック上で「仁憲高校学生守護連合」という団体名で被害を訴えた。同団体の書き込みによると、授業中に行事で使用する「反日」や「日本製品不買」のスローガンが書かれた横断幕の制作を教師に指示されたり、法相を辞任したチョ・グク氏をめぐる疑惑を「事実の可能性が高い」と意見すると、教師から「犬、豚」と罵声を浴びせられたという。これらの偏った反日教育に対し、生徒たちが「思想の自由を奪っている」と被害を訴えた。

f:id:imp0201:20191101183653j:plain

 ネット上では、反日教育に反発する生徒たちを心配する声が目立つ。「韓国はネット社会だから昔のように学校教育だけで洗脳できるわけではないと思う。ただ現実はこの反発した生徒たちが不利益を被っている。反日教育が本当になくなるのは何十年後になるのでしょうか」、「子供たちがかわいそう。一昔前の軍国主義の日本でもこういう教育はあったけど、反日教育がここまで続いているのは異常な状況だと思う。言論の自由が実質失われた環境で、被害を訴えた子供たちが学校に圧力をかけられるか心配です」などの書き込みが。また、「文大統領が辞めて、他の人間が大統領になっても韓国の根っこは反日。教育から洗脳されているので真の意味で日韓の友情を育むのは厳しいと思います」という見方もあった。