【スポンサーリンク】

乗客92%減の大韓航空が黒字の営業利益 「驚きの理由」に大きな反響が

 韓国紙・朝鮮日報によると、大韓航空が個別財務諸表基準で4~6月期に1485億ウォン(約132億円)の営業利益を出し、前年同期(-1015億ウォン=約-90億円)に比べ黒字転換したことを報じた。

 

 同紙によると、大韓航空の4-6月期売上高は1兆6909億ウォン(約1506億円)で、前年同期(3兆201億ウォン=約2690億円)に比べ44%減少したが、貨物部門の活躍に支えられて黒字を出した。旅客部門は全路線で乗客が減少し、輸送実績が前年同期比92.2%減少したものの、旅客機を貨物機として利用し、高価な貨物の誘致で収益性を高めて、貨物部門で昨年より94.6%増の1兆2259億ウォン(約1092億円)を売り上げた。

f:id:imp0201:20200601165811j:plain

 新型コロナウイルスの直撃を受けて全世界の航空会社の業績が大きく悪化している中で、営業利益が黒字に転じた大韓航空の取り組みに驚きの声が多い。日本のネットユーザーからは「日本の航空会社も見習うべき。任天堂もそうだけどこのコロナ禍でも工夫次第では営業利益が出せることを証明している」、「企業努力だよね。貨物機として利用するという発想は驚き。こういう創意工夫をしいかないと大企業も生き残れない時代になっている」と感心するコメントが目立った。