【スポンサーリンク】

韓国人の91%が「現在の日韓関係悪い」に、中国で「ある疑問」の声が

 韓国日報と読売新聞が先月下旬に18歳以上の日韓両国民を対象に実施した共同世論調査の結果を公表した。

 

 現在の日韓関係について韓国人は91%、日本人は84%が「悪い」と評価。日韓関係が悪いと評価した韓国人の比率は95年調査開始以降、最も高かった。日本人は14、15年に続いて3番目に高かった。相手国を「信頼できる」という意見は韓国人14%に対し、日本人は28%だった。

 

 また、徴用賠償判決が国際法違反という日本政府の主張に対して、韓国人の81%が「納得できない」と回答。日本人の79%が日本政府の主張に共感するとの結果だった。

f:id:imp0201:20200601105413j:plain

 この調査結果に、中国のネットユーザーからは「韓国人は日本製品の不買運動をしているから驚きはない数字だが、トヨタのレクサスが売れ行き好調だったり、ニンテンドースイッチが売れたり、日本製でも良質な商品を購入している。何がしたいのかよくわからない」、「韓国と日本の関係は修復不可能かもね。両政府の溝が深すぎてまともな話し合いもできない状況になっている」などのコメントが。日本のネット上でも「信用無い国に散々観光に来たり、就職したがったりするのは何故?来なくていいよ。韓国の人は日本人からどう思われてるのかをわかってるのかな?姉妹都市とか民間交流も全部やめたら良いと思います」という指摘が見られた。