【スポンサーリンク】

韓国がAFC・U-23選手権初優勝 ネット上では「ある批判」の声が

 AFC・U-23選手権タイ2020決勝のU-23韓国代表vsU-23サウジアラビア代表が26日に行われ、韓国が延長戦の末に1-0で制して初優勝を飾った。

 

 試合は両国共に攻撃的なサッカーで相手ゴールに再三迫るが、決定機で守備陣が奮闘して得点を許さない。試合は延長戦に突入し、PK戦に突入するかに思われた延長後半の113分に試合が動いた。韓国がFKからチョン・テウクがヘディングで得点を決め、決勝点となった。

 

 日本は同大会でグループリーグ2敗1分の最下位と精彩を欠き、優勝を飾った韓国と対照的な結果となった。ネット上では、「韓国の攻撃力はすごかった。これを見ても日本協会の方々は余裕の発言をしますか?今韓国に勝てると全く思えない。結局、監督更迭論もマスコミでも無くなって協会の思うつぼだ。そして田嶋会長はどうやら再選するらしい。お先真っ暗な日本サッカー。とりあえず選手はなんとか頑張って下さい」、「両チームとも凄かった。うまかった。韓国おめでとう。今回の日本チームとはレベルが違った。監督どうこうの話ではない。単純にこの両チームは素晴らしかった」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20200127163650j:plain

 「ライバルの韓国がこれだけ躍進してるのに、日本のサッカーは何してんだよ。まさか指くわえて見てる訳じゃないよな?韓国だけじゃない、この大会で分かったでしょ。うかうかしてたらもうアジアですら勝てなくなるって。それを国内組だったから仕方ないみたいなこと言ってるようじゃ日本は強くなんねー。協会も保身ばかり気にして何も改革する気ないやん。森保も戦術も何も無いし。日本サッカーどうするの?」など今後の日本サッカーに危機感を抱くコメントが目立った。