【スポンサーリンク】

韓国が独島防御訓練 日本政府の「ある対応」に、中国で疑問の声が

 韓国海軍が2日に海洋警察・空軍と共に民間船舶の領海侵犯と軍事的脅威状況を仮定して日本海で実施した訓練で、日本政府の対応に疑問の声が上がっている。韓国軍は昨年から独島防御訓練の名称を「東海領土守護訓練」に変更して実施。菅義偉官房長官は6日の記者会見で、韓国の独島関連訓練に関し、「竹島が歴史的にも国際法上も明らかに日本固有の領土であることに鑑みて受け入れられず、極めて遺憾だ」と述べた。

f:id:imp0201:20200530204154j:plain

 ネット上では、日本政府の対応に、「いい加減『遺憾だ』の一言で終わりにせず海上自衛隊を竹島周辺に配備するべきだと思う。過去に韓国が竹島は日本の領土であると認めた国璽の押された公文書があるんだから韓国側に証拠を突きつけて『ただちに竹島から退去しなければ経済制裁を発動する』ぐらいの脅しをする気概は無いのか?」、「少し前まで竹島で韓国軍が展開すれば自衛隊の介入を招くから韓国はそういった行動には出ない、って言われておたのは何だったんだろうね〜日本政府は何やられても遺憾で終わり。慰安婦問題で日本企業の資産の現金化が行われても結局は遺憾で終わるのでしょうね」など落胆のコメントが。中国のネットユーザーからも「日本があまりにも弱腰だから韓国になめられているのでは」、「こんな対応だと指をくわえて見ているようなもの。他の国だったら経済制裁に踏み切るのではないか」などの指摘が見られた。