【スポンサーリンク】

なぜ?韓国ではトイレットペーパーを流さずにゴミ箱へ その理由とは

 日本ではトイレに行った際にトイレットペーパーを使用後そのままトイレに流すが、お隣の韓国では違う。基本的にはトイレのある個室に1つずつ設置された専用のごみ箱にトイレットペーパーを捨てるという。一体なぜなのだろうか。

 

 大きな理由として、韓国のトイレは水圧が弱かったためトイレットペーパーを流すと詰まる恐れがあったという。そのため、使用済みの紙はゴミ箱へ捨てる習慣があった。古い建物は排水管が狭い仕様のままであることも珍しくない。利用者が多く、トイレットペーパーの使用量も多い場合は排水管が詰まる恐れがある。近年は流せるようになったトイレも増えたが、トイレが詰まるトラブルを回避したいという昔からの習慣が根付いているのだろう。高齢者はゴミ箱に捨てることが多く、「トイレットペーパーはごみ箱に捨てること」と書かれた表示も目立つ。また、デパートやショッピングモールなど公共の施設ではマナーの悪い人がトイレットペーパー以外のものを流したりするケースがある。「トイレにものを流さない」という考えを浸透させれば、トラブルを未然に防げるという考えがあるという。

 

 ただこれは韓国に限った話ではない。アジアの国は水圧や排水管など同様の問題を抱えており、昔からトイレットペーパーを流せる日本が珍しいのだという。国によってトイレの文化も全く違う。日本の習慣で無意識にトイレットペーパーをトイレに捨てるとマナー違反になる恐れがあるため、海外でトイレを使用する際は注意した方が良いだろう。

 

f:id:imp0201:20190414110111j:plain