【スポンサーリンク】

韓国「GSOMIA撤回する考えない」に、日本ではある心配の声が

 米国の通信社・ブルームバーグの報道によると、 韓国大統領府の当局者が今月23日に失効が迫っている日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、破棄を撤回する考えがないことを改めて表明したという。匿名で語った同当局者が「GOSMIA破棄に関するわれわれの姿勢は変わっていない」と言明し、23日の失効を確認した。「破棄によって米国との同盟が弱体化するとは思わない」とも述べたという。

 

 韓国の康京和外相は先日の議会で、日本が韓国向けの輸出管理厳格化を撤回すれば韓国はGSOMIA破棄ついて再考するだろうとの見解を示しているが、日本政府はその意思がないことを一貫して主張している。

 

 この報道に、ネット上では「それでいいと思う。ぶっちゃけ日本にしても、こんな信用のならない国と軍事情報のやりとりなんて危なっかしくてやってられないから。仮に彼の国が何も反省せずに再締結を求めてきても受け入れ難いから」、「日本側は輸出管理に関して妥協しようがないので、その点の妥協がなければ破棄というのであれば仕方ないのだと思います」などGSOMIAの破棄を認めて受け入れる考えが多い。

f:id:imp0201:20191031104144j:plain

 また、「米国との同盟が弱体化することはないだろうがさらに防衛費の負担を米国から求められるだろう」、「韓国は米国と状況の摺合せしたんですか?ただ己の希望・願望を言っているのでは?米国からの反応がないですよ」、「米韓同盟が弱体化するとは思わないというけど、米国側はそう認識していないでしょ。大丈夫?」など韓国政府と米国の関係を心配する意見が目立った。