【スポンサーリンク】

韓国で国内コロナ新規感染者がゼロに、嫌韓の日本人から「驚きの反応」が

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まりつつある韓国で29日、国内での新規感染者がおよそ2か月ぶりにゼロとなり、大きな反響を呼んでいる。

 

 韓国の保健福祉省によるとと、29日の新たな感染者を確認したところ、海外から入国した4人のみだったという。韓国国内で新規の感染者がゼロとなるのは、南東部・大邱市の新興宗教団体で集団感染が明らかとなった2月18日以来、72日ぶりとなる。

 

 このニュースにネット上では、「これは画期的だし韓国での抑制成功は諸外国の希望となるだろう日本としても感染経路が一つ潰れたのはとても大きい。SARSの苦い経験を克服した韓国当局には心からの称賛を贈りたい。最も再び陽性になったり無症状だったりとコロナは油断ならない病気。引き続き入国制限を継続していくべきだろうね」、「見事。行動力、スピード、アイディア、柔軟性。今の日本の政府にないものが韓国にはあった。徹底的に検査し、隔離。いまだに日本は少ない検査で乗り切ろうとしている。一昨日東京の検査数、なんと84件。休みだと検査しないのんき国は日本しかない」など称賛の声が。また、「韓国在住者です。1か月以上在宅勤務中です。とにかく、感染者を増やさない意識がやたら高いのと、少しでも疑いのある患者は徹底的に検査をしてます。マスクがないと入れない店が殆どで、熱があるかスーパーの入り口にもカメラが設置され、消毒液は国が徹底的に配置し、マンションの入り口は勿論、駅やお店の中、駐輪場、電柱にまで、ないところはないです。感染者が通った店はしばらく店を閉じて消毒し、売り上げがどうとか誰も言いません。売り上げよりも命に関わることですから。そろそろ、出社するのかなと思いきや、来週も前半は在宅で様子見です。徹底ぶりが半端ではありません」というコメントもみられた。

f:id:imp0201:20200501103613j:plain

 日本と韓国は元慰安婦問題、元徴用工問題、GSOMIAなどで意見が対立し、日本の韓国向け半導体材料の輸出管理強化に端を発し、韓国で不買運動が起きるなど昨年に関係が悪化の一途をたどっている。嫌韓のネットユーザーも多いが、韓国のコロナ感染対策については、「自分はいわゆる嫌韓だけど、もし感染者が0ならそこはさすがにすごいと思う。検査をしないで初期の医療崩壊を防いだはいいけど、隠れ陽性患者を野にはまったままにしてどんどん感染を広げていって収拾がつかなくなっている日本とは大きな違いですね」など評価する意見が多かった。