【スポンサーリンク】

韓国市民団体の過激な行動予告に、「日本に入国させないで」の声が

 韓国の親北派進歩団体の国民主権連帯と青年党がきょう13日、在韓米国大使館の前でハリー・ハリス駐韓米国大使を狙った「斬首競演大会」を開くと発表して物議を醸している。外交部のイ・ジェウン副報道官は12日の定例記者会見で「政府は駐韓外交使節の身辺の安全、外交公館の保護強化のために万全を期している」と述べたが、緊張感は高まるばかりだ。

 

 国民主権連帯は、米国大使官邸に侵入した韓国大学生進歩連合と行動をともにする団体。ハリス大使が与野党の国会議員に会った席で、「文在寅大統領が従北左派に囲まれているという報道があるがどう思うか」と質問したことに、「内政干渉」と反発していた。同団体はフェイスブックで9日、ハリス大使の首を切断する動作を挿絵で描いたポスターを公開。アイデアを公募することを明らかにし、「いいね」が最も多く押されたコメントは競演大会で試演すると公示した。同団体は「ハリスの鼻毛を一本ずつ抜く」「木製箸でハリスの口をねじる」など例に挙げた。警察はこの集会活動を中止するように通告したが、決行される可能性が高い。

 

 「Yahoo!ニュース」のコメント欄には、「殺人予告とはヘイトレベルを大幅に超えているね」、「頭湧いているのか信じられない暴挙だ。大使の尊厳を守ることはウィーン条約に定められているのに。あの国は今までも侵入や焼討寸前のたいまつデモを見過ごしてきた。ハリス大使が気の毒すぎる。もう大使館を閉鎖した方が良いんじゃないか。『斬首競演大会』を開くと発表した時点で脅迫罪として検挙すべきでしょ。何やってんの、犯罪が野放しの国なのか?」、「本当にレベルを疑う。一国の全権大使に対して斬首っていかれすぎている。この様な事が起きているのに外交部だけのアナウンスでは足りないでしょ?」など批判的な声が大半を占めている。また、「安倍さんなんかしょっちゅう切り刻まれているのに、やりたい放題やらせたい放題ですけどね。そちらの市民団体は過激で怖いです。五輪の応援団に混じって、間違っても日本に入国させないでほしい」というコメントも見られた。 

f:id:imp0201:20191210062403j:plain

 言論、集会の自由は保障されているが、今回の集会活動が決行されれば国益が大きく損なわれる危険性がある。米韓関係への影響も懸念されることから、同団体の動向が注目される。