【スポンサーリンク】

韓国で「日本風通り」の人力車銅像撤去へ 日本では冷ややかな反応が 

 韓国の大手紙・中央日報が、日帝強占期の苦痛の歴史を観光資源化したという声が出ている仁川中区庁前の人力車銅像が撤去される計画であることを報道した。早ければ今週末にも撤去される予定だという。

 

 中区は07年、開港期に多くの日本人が居住した地域という理由で区庁前の道路を日本風にした。区庁も過去に日本領事館があった場所に建設された。14年には人力車の銅像と招き猫の造形物を区庁別館の前に設置したが、日帝収奪当時の下層労働者を象徴する青年人力車像が旧日本領事館場所に設置されたのは適切でないという指摘が出ていた。

f:id:imp0201:20190831152226j:plain

 人力車像を撤去するという中区の決断は、悪化の一途をたどっている日韓関係も一因にあるだろう。ネット上では、「もうどうでもいい。好きにしてください。反論する気もないし、勝手にすればいいのではないでしょうか。関わりたくないです」、「もういいよ…日本風全部撤去してください。韓国の発明品だけで生活をお願いします。我々は韓国含めいろんな国のいいところをとって生活していきます。もう日本批判・反日に反応するのが疲れてきた…記事読むとまだやっていると思う毎日…そんなに日本の事を嫌うのであれば韓国独自の街を作ってください。日本が無い韓国文化のまちづくりをお願いします」など冷ややかな反応が多かった。