【スポンサーリンク】

韓国外交部「日本の入国制限5月末まで延長に遺憾」に、中国人から批判の声が

 日本が新型コロナウイルスの国内流入抑制対策として、入国規制強化措置を5月末まで延長すると発表したことに対し、韓国外交部が遺憾の意を伝えたことが大きな反響を呼んでいる。

 

 韓国紙・中央日報によると、外交部関係者は27日、「最近新型コロナウイルスに対する防疫成果が明確に現れている韓国に対し、日本政府が入国拒否と査証制限措置を持続することにしたことは遺憾。新型コロナウイルス遮断に向けた域内協力とは別個に日本に入国制限措置の早急な解除を促していくだろう」と明らかにしたという。

f:id:imp0201:20200501101931j:plain

 ネット上では「韓国からのコロナ流入を懸念しているだけではなく、日本で感染したとなったら賠償金を払えなどと言うに決まっているので、リスク回避です。韓国もNoJapanを継続しているのだから、特に問題ないと思います」、「今の日本はウロウロする人たちを減らしたいのがわかるでしょう。とくに海外からやってくる人は余分だから無くしたいの。あなた達だって日本でコロナうつりたく無いでしょう。もう少し冷静に対応したら?」などのコメントが。また、「日本に住んでいる中国人だけど、この記事を読んで驚いた。韓国が嫌だから入国制限しているわけではないし、ピントがずれていると思う。日本に来る韓国の方を感染から守るための措置でもあることを理解しなければいけないと思う」という意見も見られた。