【スポンサーリンク】

U23日本代表が屈辱のGL敗退 韓国紙の「ある酷評」に、大きな反響が

 U-23日本代表は現地時間12日、東京五輪の最終予選も兼ねたU-23アジア選手権の第2戦でシリアと対戦し、1-2で敗れた。初戦のサウジアラビア戦に続き2連敗を喫し、史上初のグループリーグ敗退が決まった。この屈辱黄な結果に韓国メディアが反応。韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スポータルコリア」は、日本と同様に2連敗でグループリーグ敗退が決まった中国の結果も伝え、「照れくさい日本の五輪開催を中国が心配している」と皮肉交じりに酷評した。

 

 スポータルコリアは、「ミスの代償は過酷だった。シリアに決勝ゴールを奪われて衝撃の敗北を喫した」と速報。また2連勝を飾ったU-23韓国代表と同組で2連敗した中国についても触れ、「日本と中国のU-23代表が揃って脱落の苦杯をなめた」と報じた。そして、東京五輪出場を逃した中国に対して、日本は開催国として出場が決まっていることに言及。「しかし、日本は開催国資格で東京五輪に出場する。照れくさい日本の姿を見て、中国は多分、五輪開催を心配している」と締めくくった。

f:id:imp0201:20200101183955j:plain

 韓国メディアの報道は辛らつだが、反論の声は少ない。ネット上では、「韓国って政治面では滅茶苦茶言うけど、サッカーに限って言えば的確な評価が多いですね。100%同意します」、「どんどん叩いてくれ。今回ばかりはウエルカム」、「おそらく、今のU-23日本は中国にも負ける」、「弱い、弱すぎる。今の日本代表なら高校生サッカーの方が上手に見える」などの書き込みが。東京五輪に向けて大きな不安を残す結果で、森保監督に対する風当たりは強い。解任論は高まるばかりだ。