【スポンサーリンク】

韓国が中国の対応に不満? 「日本より救護品を多く送っているのに…」

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件について、韓国紙・中央日報が、韓国が日本より中国に多くの救護品を寄付しているにもかかわらず、日本の方が中国政府から感謝されていると論じた記事が大きな反響を呼んでいる。

 

 中国外交部の華春瑩報道官が4日に開いた定例記者会見で「たくさんの日本人が駐日中国大使館SNSに残した応援コメントをどう思うか」という質問に対し、「私は非常に感動した。感染症は一時的なものだが、友情は末永いものだ」と日本に謝意を表した。また、「日本はごく初期に我々を助けるために何でもすると明らかにした」として、マスクや保護服など日本が送った救護品を一つひとつ挙げたことを指摘した。同紙は、「華報道官は5日の定例記者会見では防疫物品を支援した21カ国を列挙して韓国にも謝意を表した。だが、前日の日本だけに対する『特別な感謝』とは表現の程度が違った」と論じた。

 

 成均館大学成均中国研究所の5日の報告書によると、韓国企業約20社が中国に送った寄付と救援物資は約8926万人民元(約14億579万円)。日本の後援額(4652万人民元)より多いという。この状況にもかかわらず、中国が日本と韓国の対応に差があることについて、同紙は「中韓関係の限界が表面化している」と分析。文政権が中国政府との関係構築に苦心していることを一因に挙げた。

f:id:imp0201:20191214114409j:plain

 この記事についてネット上では、「日本に対する質問に答えただけで、なんでそこに韓国が出てくると思うのか。どれだけ自意識過剰なんだか。そんなに構って欲しいのなら、韓国に対してはどうですかって聞けばいいのに」、「見るべきは困っている中国の人であって日本ではない。日本より金額が多いとか観点が違うよ。それが相手にも伝わっているんでしょ」などのコメントが。「中国は日韓を比較していないよ。なんでも日本人と競争したがるパラノイア。早く、病気を克服してください。競争するんだったら、ノーベル賞数とか、世界に対する貢献度といった前向きなところでしょうよ」という書き込みも見られた。