【スポンサーリンク】

韓国でハリス斬首大会 名誉棄損を否定した「主催者の驚きの発言」とは

 韓国の国民主権連帯と青年党は13日、ソウル光化門KT建物の前でハリー・ハリス駐韓米国大使を糾弾する集会を開いた。場所は在韓米国大使館の外壁から70メートルしか離れていなかった。

 

 韓国紙・中央日報の報道によると事前にフェイスブックなどでアイデアを公募した参加者は、あらかじめ準備しておいた道具を活用してハリス大使を風刺した。参加者の1人が「ハリスワックスショップにようこそ。ハリス大使のひげは本当に憎たらしく見えますが、そのひげをきれいにワックスしてみます。文在寅大統領に対して『従北左派』妄言を吐いたハリス大使を私たちの力で抜きましょう」と呼びかけ、ハリス大使の写真に金色のひげを付けたパネルを準備し、1本ずつはがした。そのたびに歓呼の声が響いたという。

 

 また、別の参加者は、「ハリス大使は韓国をATM機と考えているようだが、防衛費分担金5倍以上の増額要求に怒りを感じます。防衛費を韓国と関係がないところに使うことを知っています。この思いを込めて叩きつぶします」とハリス大使の顔の写真を置いたコンニャクや豆腐などを手で叩きつぶすパフォーマンスを披露。韓米防衛費交渉をサッカーPK戦で表現し、ハリス大使の顔のステッカーを付けたサッカーボールをゴールに蹴り入れるパフォーマンスも用意されたが、「名誉毀損の余地がある」として警察が制止し、顔のステッカーはつけずに進行された。

 

 主催者団体のクォン・オミン青年党共同代表は「ユーモアを入れたパフォーマンスにすぎない」とし「名誉毀損は本人が告訴してこそ成立するが、警察が名誉毀損に該当すると恣意的に判断できるのか」と批判したという。 

f:id:imp0201:20191214114409j:plain

 クォン代表の発言に「Yahoo!ジャパン」のコメント欄では、「そんな勝手な解釈は、アメリカには通用しないと思うわ」、「ユーモアでなく立派な名誉棄損です」など批判的な声が多い。韓国国内でも過激なパフォーマンスを懸念する声が上がっている。米国の反応が気になるところだ。