【スポンサーリンク】

駐米韓国大使「韓国は米国と中国の間で選択できる国」発言に、中国の反応は…

 李秀赫駐米大使が「韓国は米国と中国の間で選択できる国」という趣旨の発言をしたことについて、米国務省が自国の立場を表したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 米政府系放送のボイス・オブ・アメリカから論評の要請を受けた米国務省は5日、「韓国は数十年前、権威主義を捨てて民主主義を受け入れた当時、すでにどちら側に立つかを選択した」とした上で、「米国と韓国の同盟は域内の平和・安定に必須」と主張した。

f:id:imp0201:20200526113147j:plain

 李駐米大使の発言は中国のネットユーザーの間でも話題に。「韓国ってそんな偉い立場なのか?橋渡し役をやるのは力不足だし、権力につくコウモリ外交をしているようにしか思えない」、「この発言は自国のことだけを考えているようにしか聞こえない。米国にも中国にも信用されないよ」など批判的なコメントが多かった。