【スポンサーリンク】

河野防衛大臣の執務室で「ある光景」に、韓国で「挑発的行為」と怒りの声が 

 河野太郎防衛相が、ツイッターに朝鮮半島の地図が壁にかかっている執務室の写真を公開して大きな反響を呼んでいる。

 

 河野防衛相は19日、ツイッターにインドネシア国防長官と電話会談を行った事実を伝えた上で、執務室で電話を受けている写真を掲載。その背景を見ると、日章旗や旭日旗などが並ぶ中、右側の壁に朝鮮半島の地図がかかっている。

f:id:imp0201:20200522073852j:plain

河野防衛相が19日にツイッターで掲載した写真。右奥に朝鮮半島の地図が(掲載元・河野防衛相のツイッターより)

 韓国紙・中央日報日本語版の報道では、軍内外では該当の地図が韓国軍の軍隊符号を表記した単隊号地図の可能性が高いという声が上がっていることを指摘。軍関係者の話として、「写真だけみると単隊号地図かどうかを確言することはできない」と前置きした上で、「単隊号自体は対外秘や極秘のものではないが、単隊号が地図上に明示されれば部隊の位置や作戦露出の可能性があって極秘に分類される場合もある」と説明している、日韓両政府は共に竹島の領有権を主張して緊張状態が続いている。韓国のネット上では「なぜ朝鮮半島の地図をわざわざ壁にかけているのか。敵国とみなした挑発行為と受け取られても仕方ない」、「単隊剛地図だとしたら看過できない。日本政府に抗議すべきだ。河野防衛相は韓国国民の疑問に答えるためにも説明責任がある」など批判的なコメントが目立った。