【スポンサーリンク】

安倍首相のコラボ動画を批判した「ある芸人」の行動に、疑問の声が

 13日報道の日本テレビ系情報番組「スッキリ」では、安倍首相がシンガーソングライターで俳優の星野源がインスタグラムで公開した楽曲「うちで踊ろう」にコラボした動画をSNSで公開したことについて特集した際に、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜の発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 安倍首相はひざの上に犬を乗せてくつろぐ様子や、優雅にティータイムを楽しむ姿で星野の曲にコラボして多くの国民の怒りを買った。この動画について、自身もコラボした近藤は「「芸人という立場から、歌を一緒に笑ってもらいながら、うちで踊ろう、うちにいようっていうメッセージを発信できるかなっていうのをやったんですよね」と説明した上で、「安倍首相は立場的には一国のトップであるわけで、トップの立場とか役目を考えた時に、国民を喜ばせたり、安心させたりするにはこの発信ではないなって」と批判した。

f:id:imp0201:20200413165802j:plain

 ただ、4月7日付の「日刊ゲンダイ」で、近藤が3月上旬に誕生会を夜11時まで開いていたと報じられ、その一件について説明していないため、「春菜は自粛の時に飲み歩いていた記事について何もふれなかったのが残念だった。それ以来、他人のことをとやかく言っていてもすんなり入ってこなくなった」、「コメンテーターの立場とか役目を考えた時に、その夜遊びの行動とこの発信はないな。他者への批判より己の姿勢を正せ、という事か」などネット上では疑問の声が。また。「自分の事は日付からしてまだしも、又吉の事もやっぱ触れないな。普段から見ていても芸人ってこうゆう助け合いや傷の舐め合いがあるんだよね」という指摘も見られた。