【スポンサーリンク】

NGTに強い不信感 国民文化祭に山口真帆の起用望む声が殺到

 9月に新潟県内で開催される国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の実行委員会で同祭のスペシャルサポーターに元メンバー・山口真帆さん(23)の起用を望む声がネット上で殺到している。新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48がスペシャルサポーターを務めていたが、山口さんへの暴行事件が発覚した1月上旬から「NGTと再契約しないでほしい」と苦情のメールや電話が相次いだため、再契約が保留状態になっている。

 

 花角英世新潟県知事は山口さん、菅原りこさん(18)、長谷川玲奈さん(18)の元メンバー3人が卒業した2日後の4月24日に「(NGT48)が国民文化祭で活躍して欲しい。再び輝く事を願っている」と発言したが、この考えにも「何を考えているの?もう少し世論に敏感になった方がいい」、「NGTをそこまでかばうのは新潟県のイメージダウンになるのでやめてください」など苦言を呈する言葉がネット上であふれた。

f:id:imp0201:20190529204328j:plain

  NGTとの契約解除を求める声とともに、支持を集めているのが、同祭のスペシャルサポーターとして山口さんを抜擢して欲しいという案だ。山口さんがグループにいた頃から新潟へ感謝の思いを口にしていたのも好印象に映るのだろう。ネット上では、「(新しい所属事務所の)研音と交渉して山口真帆さんにお願いすれば、ボランティアでも承諾するかもしれない、新潟には何度も感謝の言葉を言ってたから…」、「卒業した3人をスペシャルサポーターにすれば、新潟の株があがるのに」という意見が多い。NGTとの関係性を含め、新潟県の決断に注目が集まる。