【スポンサーリンク】

なぜ?筋トレ男性を批判した「女性タレント」が謝罪も、ネットがさらに炎上  

 

 タレントの小島瑠璃子が、筋トレをする男性に対する発言で批判されたことを受けて、謝罪するとともに真意を説明したが、さらにネットが炎上する事態となっている、

 

 小島は4月21日に元AKB48の板野友美とインスタライブを行った際、筋トレをする男性に言及。「筋トレって、世界で一番意味わからない。努力の方向が、筋トレじゃなくて、筋肉がつく何かをやればいいと思う。ラグビーやってて筋肉がつく、とか、格闘技やってて筋肉がつく、っていう方が好き。男たるもの、見せるための筋肉じゃなくて使える筋肉を持っとけよって思う。だって、何かあったときに人の役に立つ筋肉の方が良くない? どうすんの、見かけだけのムキムキ」と持論を展開していた。

 

 この発言が筋トレをする男性たちの反感を買うことに。小島は同30日にツイッターで「筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ ごめんよ」と謝罪した上で、「でもただの男性のタイプの話だからね、筋トレしてる人の人間性や本質の根っこから否定しているんじゃないんだよぉ。ムキムキが個人的にタイプじゃないだけなんだよぉ」と釈明した。

 

 だが、この謝罪発言に対しても、「男性のタイプを意図するなら『ムキムキより細い人が好き』と言えばいいだけ。こじるりの発言は筋トレする人の価値観を否定しているので、単純にディスってるだけでしょう。聖域がどうとかの言い訳は余計バカにしているように聞こえる。なぜ自分が批判されたか全くわかってない」、「好みじゃないから怒っているわけじゃなくて、かっこよくなりたいとか目的持って努力しているのを、一方的に役に立たないと、無駄みたいに言われたから怒っている。怒っている理由もわからずに適当にあやまるなら、謝る必要はない、火に油を注ぐだけ」とネット上で批判のコメントが殺到。

f:id:imp0201:20200501172143j:plain

 「今回の発言で一部の男も敵に回しちゃったか。個人的には好感度高かったから残念だなぁ。スポーツレポーターとしても頑張っていたのに言葉の選び方ひとつでこうなってしまう。この世の中をすごく忠実に表している。心無い発言(たとえその気がなくても)はそのように捉えかねないのだから一度立ち止まって正しい言葉、正しい行為なのか。ちゃんと考えなきゃね」と指摘する意見も見られた。