【スポンサーリンク】

小泉大臣「気候変動問題はセクシーに」 批判殺到の中、高評価の声も

 ニューヨークで開催された国連の環境関連のイベントに出席した小泉進次郎環境大臣の発言が大きな反響を呼んでいる。小泉環境大臣は「日本は1997年に京都議定書を採択したが、リーダーシップを発揮してこなかった。きょうから我々は変わります」と宣言。また、演説前の記者会見で「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべきだ」と発言したことが海外メディアで取り上げられた。


 ロイター通信は「日本の新しい環境大臣が『気候変動との戦いをセクシーに』と発言した」と大きく報じた上で、日本が23日の気候行動サミットで発言しないことや火力発電を増やしていることを指摘し。日本政府の地球温暖化問題への取り組みに懐疑的な見方を示した。

 

 ネット上では、小泉環境大臣の「気候変動問題はセクシーに」発言に批判が殺到。「気候変動の問題はもはや取り返しのつかない危機的な状況にあるのに「セクシーに」って…怒りが湧いてきます」、「芸能人ではなく、一国を代表する大臣だという自覚を持って欲しいです」、「ああ、これはまずいですね。英語が喋れるかもしれないけど、状況による英語の言葉の使い方に疎い、典型的なミスのように見えます。しかもセクシーと言った時に、隣に座っている女性に目をやっていましたね。もちろん、相手もその場も何も言わなかったでしょうが、内心はかなり良くない印象と思う。だめだ、こりゃ」など落胆と失望の声が多い。

f:id:imp0201:20190923163442j:plain

 一方で、少数だがこの発言を擁護したり評価する書き込みも。「言いたかったのは、みんなが環境問題を義務感で『すべきこと』と感じるのでなく魅力的で楽しく『ワクワクすること』と感じるようにしたい、と。話の全体像でなく、『SEXY』だけ捕まえられちゃったね」、「まずは、国内のみならず国外からも一目置かれることが今後の取り組みをスムーズに進める上で重要です。その点では、今回のスピーチは成功でしょう。国際社会の注目を(少しではありますが)集めました。あとは、どう実行に移すかです」などの見方があった。