【スポンサーリンク】

東京で107人の感染確認 小池都知事の「ある発言」に怒りの声が

 東京都で2日、新たに107人の新型コロナウイルスへの感染者が確認された。1日の感染者の数が100人を上回るのは、5月2日の154人以来、2カ月ぶり。小池百合子都知事は対策本部会議の後に緊急会見を開いたが、その内容に批判の声が殺到している。

 

 小池都知事は「感染拡大要警戒」の段階にあるとフリップを提示して説明。新宿や池袋など接客を伴う夜の街の飲食店について、「ガイドラインを遵守しているお店もある」としながらも「夜の街にはぜひともご注意を」と呼びかけた。

 

 ネット上では「『東京アラート』の次は『感染拡大要警戒』か。言葉だけ作るよりも具体案の作成とそれを実行する判断をお願いします」、「『感染拡大要警戒』ってそんな事言われんでも子供でもわかるやろ。事態が動くたびにキャッチフレーズ的なものをわざわざ決めないといけないのかね?オリンピックが延期になったとたんの前回の行動の速さと今回ののらりくらりぶりはまるで別人のようだ」など小池都知事の発言に対して不快を露わにする書き込みが。

f:id:imp0201:20200603194655j:plain

 また、「何も意味のない無策会見でした。小池の危機管理能力のなさが露呈しました。自分ファーストで、何もせずに、とにかく都知事選挙が終わること。それだけが今の政策。このような人が、日本の首都、東京都知事に再選されれば、日本の恥と思いますが、たぶん都民は選ぶのでしょうね。このままでは、東京から、他都市へ感染が拡大するでしょう」と他の地域への感染拡大を危惧するコメントも少なくなかった。