【スポンサーリンク】

学歴詐称疑惑で小池都知事の「ある発言」に、怒りの声が

 東京都の小池百合子知事は3日、カイロ大学卒業について学歴詐称の疑惑が報じられている問題で、「(本自体を読んでいないので)お答えできない」と発言したことが大きな反響を呼んでいる。都議会本会議の一般質疑で自民党の清水孝治議員の質問に答えた。

 

 清水氏は、先日に発売された「女帝小池百合子」を持ちながら質問。本の一部を音読し「百合子さん」と繰り返した。小池氏は「これほど、本会議場でファーストネームで呼ばれたことは初めて」と笑い飛ばした。その上で「コロナ対策など、都政にまい進しておりまして、内容の1つ1つを確認しているわけではない」と発言。疑惑に対する法的措置には「必要であれば、弁護士と相談する」と述べた。カイロ大の卒業証書のなどの提示を求められたが「そもそも、その読み物を読んでいないのでお答えできない」と応じなかった。

 

 ネット上では小池都知事の発言に、「読み物を読んでいなくても卒業したか答えられるでしょう。過去のほじくり返されて不快な思いをしているんだろうけど、この発言はマイナスになる」、「本を読んでいな~答えられないのではなく、その大学を卒表していないから答えられないのではないのか?公選法に抵触する可能性がある以上、徹底して追及するべきだ。百条委設置はできないのか?」などの指摘が。 

f:id:imp0201:20200603194655j:plain

 また、「ぐずぐず後回しにしていたら、猪瀬・舛添さんと同じ道を歩むようになるよ。詐称しているのなら、正直に公表して謝罪すればいい。その後、自身の実績や手腕を都民に問えばいい。やることはやっているのだから、詐称の事実があっても再選されるかもしれません。嘘だけはやめましょう」、「下手をすれば、都知事選への立候補すら危ぶまれる自体だ。前回の知事選前後にも同じような疑惑が指摘されたが、結局はうやむやになったまま今日まで来てしまった。今回はコロナ禍とはいえ、有権者は初めての当選時ほど頭が熱くなっていないから厳しくなるのではないか。今回もうやむやにしようとするなら、立候補を取りやめる可能性もある」という意見も見られた。