【スポンサーリンク】

韓国人YouTuberが殺害予告受けたことを告白 家族への危害も懸念

 韓国人YouTuber・WWUKが「WWUK TV」で9日に動画を投稿。反日勢力の韓国人から殺害予告を受けたことを明かし、大きな反響を呼んでいる。

 

 WWUKは韓国で生まれ育ち、中学の時に留学先の豪州で日本の文化への理解を深めるうちに、韓国の学校で学んだ反日教育と全く違うことに違和感を覚えた。日本の高校に進学して就職後にYouTuberとして活動すると、「日韓の正しい歴史を伝えたい」と日韓併合や慰安婦問題、徴用工問題などを動画で取り上げている。韓国では母国を非難する親日家として批判され、メディアで取り上げられたことも多い。「日本の高校、専門学校、日本での就職と何十年と歳月を経ても日本に対する信念は変わらない。日本は僕の人生を180度変えてくれました。これからの人生もここ日本で自分の命が尽きるまで生きていこうと思いました」と今年に日本の法務局で帰化申請を行った。

 

 今回の動画の中で、韓国人からナイフでWWUKと家族を殺害することを間接的な言い回しで示唆する文章が書き込まれたことを告白。「お前が先か、家族が先か」、「ソウルにいる親が心配じゃないのか?夜道気をつけろよ」など脅迫の言葉が届いたという。同じ人間が様々なアカウントで文章を書き込んだ可能性もあり、「これ以上ひどいならば警察に届け出たい」と警告した。

 

 WWUKは「最近本当に怖い。真実を発信することがここまで危険な行為になるのでしょうか。恐怖と怒りが交えてわいてきます。いずれにせよこれからも真実を伝える活動をやめる気は一切ございません」と今後も自身の考えを動画で発信することを語ったが、「人生何が起こるかわからないので念のためにお伝えしたいと思います。演技でないことを申しあげますが、もし僕が死んだら絶対に自殺ではないことを皆さんにはわかってほしい。僕が絶対に自分で命を絶つような行為はいたしません」と不安な思いも漏らした。

f:id:imp0201:20191010061821j:plain

 衝撃的な動画の内容に、コメント欄には心配の声が殺到。「警察に被害届を出して下さい。加害者が日本人に住んでいる韓国人ならば逮捕されますよ」、「なんて酷い言葉を書き込んでくるのでしょうか…人の命をなんだと思っているのか」、「こんなメールを受け取ったのなら、これは十分に脅迫です。すぐに警察に相談してください。それに、メンタルも心配です」など警察に相談することを勧める書き込みが。また、「あなたは日本人以上に日本人である。そして、我々がかつて敬意を払った韓国人だ。母国に迫害されても、日本と韓国を思う気持ちに敬意を払います」というコメントも見られた。