【スポンサーリンク】

同僚教師の目に激辛カレー 加害教員のある行動に「謎すぎる」の声が

 神戸市立東須磨小の20代男性教員が、先輩の同僚教員4人から羽交い締めにされて目にカレーをこすりつけられるなどの嫌がらせを受けたと訴え、学校を休んでいる問題で、加害側の教員のある行動に疑問の声が上がっている。

 

 被害者の男性教員は同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが判明。加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人で、LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要したり、男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたという。また、男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えている。また、加害者の教員4人は10月から休職している。

f:id:imp0201:20191008063508j:plain

 テレビやSNSでは昨年9月に関係者が提供した被害に遭った教員が激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりする画像が報道で公開されている。ネット上では、「この動画が出回っているのが謎すぎる。いじめに加担した教員が撮影したみたいだけど、これが出回ったらまずいとか思わないのかな?危機感がないというか想像力が欠如しているというか。罪悪感がないんだろうね。教壇に立つ資格がないよ」、「この動画って関係者が提供したってことはいじめの教員に抗議の意味を込めてやったってことでしょ?こんなこと想像できるのに、なんでイジメた教員はこの動画を拡散したんだろうね。行動が隙だらけ。アホな犯罪集団だね。刑事事件で逮捕事案なので警察はきっちり動いてほしい」などの指摘が。加害側の教員はいじめている意識がなかったから、動画を撮影していたのかもしれない。その倫理観が常軌を逸している。