【スポンサーリンク】

同僚教師の目に激辛カレー 報道で「ある表現」に疑問の声が

 神戸市立東須磨小の20代男性教員が先輩の同僚教員4人から羽交い締めにされて目にカレーをこすりつけられるなどの嫌がらせを受けたと訴え、学校を休んでいる問題で、メディア報道のある表現に批判の声が出ている。

 

 被害者の男性教員は同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが判明。加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人で、LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要したり、男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたという。また、男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えている。また、いじめの様子が写真で撮られていたという。加害者の教員4人は今月から休職している。

 

 また、これらの教員間のトラブルを校長が把握しているにもかかわらず、市教育委員会に報告していなかったことが判明。市教委の説明では、学校側は今年6月、別の複数教員からの相談で問題の一部を把握したが、口頭の注意で済ませ、翌月、市教委に「問題は収束した」と報告していた。だが、その後も暴言を浴び続けた男性教員が9月から学校を休み、家族からの連絡で市教委が調査を始めて被害の全体像が判明した。

f:id:imp0201:20191008061135j:plain

 ネット上では、この問題が各メディアで「イジメ」と報道されていることを問題視する指摘が。「イジメという表現を改める時だと思う。子供がやるのもイジメではなく暴行、恐喝と表現を改めるべきだ。今回の不適格教師の行動もイジメではなく単なる暴行の上、教職者として不適格。さらには社会人としても。校長の隠蔽に近いスタンスなど真摯に事実に向き合わない人間は教職を辞任すべきと思う。馴れ合い主義の教職現場を大改革しないと日本の将来にとってもダメだと感じる」、「これはイジメではなく、犯罪である。犯罪者が教師をしているこの国はどうなっているのか。教育委員会は、加害者(犯罪者)を他所の学校に転勤させる遣り方で事態を収集しようとしそうだが、言語道断である。懲戒解雇、教員免許剥奪は当たり前で、きちんと暴行・傷害事件として立件すべきである」などの意見が目立った。