【スポンサーリンク】

神戸小学校いじめ 「加害教員よりタチが悪い」黒幕とは

 神戸市立東須磨小の20代男性教員が先輩の同僚教員4人から羽交い締めにされて目にカレーをこすりつけられるなどの嫌がらせを受けたと訴え、学校を休んでいる問題で、ネット上ではある人間の責任を追及する声が高まっている。

 

 被害者の男性教員は同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが判明。加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人で、LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要したり、男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりしたという。また、男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えている。その後、仁王美貴校長が行った記者会見で、加害側の4教員が他の教員の前で被害教員の家族を中傷したり、パソコンのキーボードを壊すなどの行為を繰り返していたことが判明。被害教員の説明では、自分が担任するクラスの児童に加害側の女性教員が「反抗しまくって、学級をつぶしたらいい」とけしかけたこともあったという。

 

 また、メディア報道で被害教員は昨年9月以降、前校長に複数回いじめについて相談していたが、今年3月に前校長から「(加害者の)男性教諭にお世話になっているんやろ。いじめられてないよな」などと言われたことを話しているという。被害教員はそれ以降、前校長に相談できなくなった。9日の神戸市教育委員会の会見で、前校長は「そういった相談は聞いていない」と市教委の聞き取りで被害教員の証言を否定したという。

f:id:imp0201:20191011061605j:plain

 ネット上では、「今回の暴力事件の黒幕は前校長でしょう。加害側の4人とつながって、被害に遭った教員の訴えを無視した。市教委の聞き取りに嘘をついていたとしたら、まったく反省していないということ。この人も刑事責任を追及されるべき」、「前校長の発言にあきれるばかり。いじめを訴える教員に『いじめられていないよな?』ってあり得ないでしょ。子供に同じこと言える?4人の教員は論外だけど、前校長がある意味一番タチが悪いと思う」などの指摘が。前校長は他の小学校に異動したが、今回の一件の責任を逃れることはできないだろう。