【スポンサーリンク】

神戸小学校いじめ ある俳優の発言に「被害者を追い詰めている」と批判が

 10日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」で、神戸市立東須磨小の20代男性教員が先輩の同僚教員4人に暴行などのいじめを繰り返していた問題を特集した。その中で、コメンテーターとして出演した俳優の梅沢富美男(68)が被害を受けた教員について、「でもさ、いじめられた、いじめられたって言ってるけど、あいつも男なんだろ。さっさとやり返せばいいじゃねぇかよ。何で黙ってなきゃいけないんだよ」と発言したことにネット上で批判が殺到している。

 

 被害者の男性教員は同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが判明。加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人で、LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要したり、男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりしたという。また、男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えている。その後、仁王美貴校長が行った記者会見で、加害側の4教員が他の教員の前で被害教員の家族を中傷したり、パソコンのキーボードを壊すなどの行為を繰り返していたことが判明。被害教員の説明では、自分が担任するクラスの児童に加害側の女性教員が「反抗しまくって、学級をつぶしたらいい」とけしかけたこともあったという。

 

 ネット上では梅沢の発言に批判的な意見が多い。「そんなわけにはいかない人もいる。そんな勇気出ない人もいる。言っても信じてもらえない人相手にされないひともいる。この被害者もやり返せばいいとか安易に言うのはさすがに違うと思います」、「時代錯誤の考え。この発言が被害者を追い詰めている。しかも今回はその指摘は当てはまらない。校長に相談したり抵抗しなかったわけじゃない。欠勤してこの事件が表に出たのだから、無抵抗だったわけじゃない」、「こういう思考をする人がいじめをするんだよ。もし自分が反抗したら、自分のクラスの子どもたちに返ってくるかもしれないでしょ。そんなことも思い至らないで偉そうに発言しないでください」などの指摘が。

f:id:imp0201:20191011105131j:plain

 一方で、「結構梅沢さんの批判が多いが、基本的には梅沢さんの云うことに賛成。簡単ではないし、もし告発しますと校長云っても穏便に収めようとするだろう。校長は保身しか考えない。必ず自分の管理責任を問われるので。となると必然的に泣き寝入りのようになる。それを打破するなら訴えたりやり返すしかない。できる人できない人がいるという意見もわかる。でも私はそれがのさばらせる理由の一つになると思う」と擁護の声もみられた。