【スポンサーリンク】

神戸小学校いじめ 被害教員の裁判費用に「ある提案」の声が

 神戸市立東須磨小の男性教員が先輩の同僚教員4人から羽交い締めにされて目にカレーをこすりつけられるなどの嫌がらせを受けた問題で、体調を崩して休んでいる被害者の男性教員(25)が11日、代理人の弁護士を介し、兵庫県警に暴行容疑で被害届を出した。

 

 被害者の男性教員は同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが判明。加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人で、別の女性教員らにLINEで性的なメッセージを送るよう強要したり、男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたという。また、男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えている。その後に仁王美貴校長が行った記者会見で、加害側の4教諭が他の教員の前で被害教員の家族を中傷したり、パソコンのキーボードを壊すなどの行為を繰り返していたことが判明。被害教員の説明では、自分が担任するクラスの児童に女性教員が「反抗しまくって、学級をつぶしたらいい」とけしかけたこともあった。男性教員は今年4月ごろからは眠れなくなったり呼吸困難になったりする症状に苦しめられていたと訴えているという。

f:id:imp0201:20191012055247j:plain

 ネット上では、被害届を出した男性教員の決断を評価する意見が殺到。裁判費用についてもある提案の声が出ている。「良い判断だと思います。この手の馬鹿はちょっとやそっとでは治りません。社会的に制裁すべきです。裁判費用が心配なのであればクラウドファンディングするのも1つの方法かと思います。日本中が被害者教師さんの味方です。すぐ予定額集まると思いますよ。裁判費用でこれまで泣き寝入りするしかない人にもこの方法で『馬鹿』を社会的に葬って欲しいです。被害者のプライバシーは守られて当然ですが、犯罪者のプライバシーなんて無くて良い。悪い事をしたならば後ろ指を指されるのは当たり前、これが犯罪の抑止力になるはずです」という書き込みが。画期的な取り組みだが、賛同する意見は多いかもしれない。