【スポンサーリンク】

神戸小学校いじめ ある教員の文章に「マジでサイコパス」と驚きの声が

 神戸市立東須磨小の男性教員が先輩の同僚教員4人から羽交い締めにされてカレーを目にこすりつけられるなどの嫌がらせを受けた問題で、保護者説明会が16日に同校で開かれ、加害教員4人の謝罪のコメントが読み上げられた。説明会は非公開だった。

 

 神戸新聞によると、読み上げられた全文は以下の通りだという。

 

【30代男性教員A】

 ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 

【30代男性教員B】

自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 

【30代男性教員C】

相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

 

【40代女性教員】

子どもたちに対してはこんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

 

 ネット上では、「大人のいじめってだけでもクソ以下なのに、こんな駄文による謝罪だけで許されるもんだとでも思ってるのかね。大人ならしっかり法の下罰せられて下さい。そして二度と教員面させないで下さい」と刑事事件として処分を求める声が多い。また、40代の女性教員の謝罪文に大きな反響が。「かわいがってきただけに、っていう一文にぞっとした」、「この40代女性教員どの辺が謝ってるの?『彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています』この人何言ってるの?バカなの?、「女帝、マジでサイコパスやぞこれは…」、「40代女性教員の文章には怒りを通り越して気持ち悪さを感じます。謝罪に見せかけた自己弁護でしかありません。もはや逮捕と起訴をされた上で刑事罰に処せられ、いじめが犯罪行為であることを児童生徒に示す教材となってもらうしかないと思います」など批判の書き込みが相次いだ。

f:id:imp0201:20191017110924j:plain

 加害側の4教員は被害者、児童たち、保護者、学校関係者に謝罪の意を示したが、被害者が負った心の傷は深い。謝罪文に不快感を示す意見は多く、世論の逆風はしばらく収まらない状況だ。