【スポンサーリンク】

羽交い締めで同僚の目にカレー 加害教員の弁解に怒りの声が殺到  

 

 神戸市立東須磨小の20代男性教員が、先輩の同僚教員4人から羽交い締めにされて目にカレーをこすりつけられるなどの嫌がらせを受けたと訴え、学校を休んでいる問題で、加害者の教員が市教委の調査に説明したコメントに批判が殺到している。

 

 メディア報道によると、被害者の男性教員は同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが判明。加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人で、LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要したり、男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたという。また、男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えている。また、いじめの様子が写真で撮られていたという。加害者の教員4人は10月から休職している。

f:id:imp0201:20191006065956j:plain

 市教委によると、加害側の教員は調査に対し、一連のいじめ行為について「悪気はなかった」「相手が嫌がっていると思っていなかった」などと説明しているという。ネット上では、「これが教師で大人の言い分か。『相手が嫌がっているとは思わなかった」と言うか、呆れて物が言えない。こんな人間に子ども達を任せられない。即刻、懲戒免職にして欲しい。いや、するべきである」、「反省もせずにこんな言い訳するような奴等に教員を続けさせては絶対に駄目。この言い訳が本当なら、生徒間でイジメが起きても察知できないし、言い訳のための嘘なら、生徒間でイジメが起きても嘘で乗り切る」などの批判の書き込みが殺到。懲戒解雇すべき事案であり、警察が暴行、傷害事件として捜査するべきだというコメントが目立った。