【スポンサーリンク】

羽交い締めで同僚の目にカレー 加害者教員の実名がネットで流出の恐れが

 神戸市立東須磨小の20代男性教員が、先輩の同僚教員4人から羽交い締めにされて目にカレーをこすりつけられるなどの嫌がらせを受けたと訴え、学校を休んでいることを報じた神戸新聞のニュースが大きな反響を呼んでいる。

 

 同紙によると、被害者の男性教員は、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが判明。加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人で、LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要したり、男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたという。また、男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているという。加害者の教員4人は10月から休職している。

 

 ネット上では、「これは言語道断でしょう、あり得ない。この4人がこのまま教師続けるとかあり得ないから。処分は解雇してもらわないと納得出来ませんよ、指導とか謹慎とか減給とかで済ませないで欲しいこんな人間が教職って本当に質が下がっているのでしょうね」、「これは刑事事件。いじめじゃないよ。暴行、傷害事件。教員を続けるなんて到底許されないし実名報道してください」と怒りの声が殺到した。

f:id:imp0201:20191004105118j:plain

 実際にツイッターなどでは、報道後に加害者の教員の実名を特定する動きが行われている。「東須磨小の方、10月から休んでいる教員4人を教えてください」、「教員4人の実名と顔写真が分かったらアップしてください」などの書き込みが。加害者を叩くネットリンチになる恐れが懸念される。