【スポンサーリンク】

悠仁さまの机にナイフ…犯行に不可解な謎も

 秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われる東京都文京区のお茶の水女子大付属中学校で26日、悠仁さまの机の上に刃物が2本置かれていたことが複数の大手新聞社で報じられた。同日昼ごろに学校の防犯カメラで、不審な男が侵入する姿が映っていたという。警視庁は建造物侵入の疑いで調べている。

 各紙の報道によると、棒状のものにテープで巻き付けられた果物ナイフのような刃物が悠仁さまの机の上に置かれていた。机は一見しただけでは悠仁さまの席とは分からないという。刃物は2本巻き付けられ、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれていた。生徒たちが戻る前に学校関係者が発見。夕方に警視庁に連絡があった。
 

 同校では26日に授業が通常通り、行われていた。刃物が見つかったのは同日午後。その直前まで悠仁さまのクラスは教室外で授業を受けていたため、教室は無人だった。防犯カメラに映っていた男はヘルメットをかぶり、上下青色っぽい服で年齢は中年ぐらいだったという。

 

f:id:imp0201:20190427162427j:plain

写真は本文と無関係です

 悠仁さまはお茶の水女子大学付属小学校を卒業して今春から同中学校に内部進学した。入学して1か月も経たずに起きた事件に衝撃は大きい。防犯カメラに男が写っていたが、どうやって侵入したのだろうか。セキュリティー面が厳重だったのか疑問が残る。また、不可解な謎がある。悠仁さまの机は一見してわからないのに、なぜ犯人は刃物を置いたのだろうか。SNS上では「机の場所を知っているのなら、生徒の親か学校関係者でしょう。机に名前が書いてなければ、短時間で席を特定するのは無理ですね」という声が上がる一方で、「名前の書いた持ち物があったかもしれないし、一概に関係者が情報を漏らしたとも言えない」という指摘も。

 

 教室が無人だった時間を狙った犯行の可能性があるが、一歩間違えれば犯人が教室に襲撃する大惨事の恐れもあった。セキュリティーの強化とともに、一刻も早く事件の全容解明する必要がある。