【スポンサーリンク】

27歳の人気俳優が脳出血で緊急手術に、「びっくりしすぎて衝撃」の声が

 モデルで俳優の清原翔(27)が脳出血のため、都内の病院に緊急入院していることを所属事務所が18日に発表した。

 

 所属事務所によると、清原は12日夕方ごろ、外出先で体調不良を訴え、緊急搬送された。都内の病院で医師の診断を受けたところ、脳出血の症状が見られたため、同日緊急手術を行った。当面の間、治療に専念するという。同事務所は「ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。復帰の時期につきましては、改めてご報告させて頂きます」と報告。「1日でも早く、皆様の前に元気な姿を見せられるように目指して参りますので、今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒宜しくお願い申し上げます」とコメントした。

 

 清原は、13年から「MEN’S NON―NO」専属モデルを務め、16年に俳優業に進出。昨年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、ヒロインのなつ(広瀬すず)が引き取られた柴田家の長男・照男役で人気を集めた。

f:id:imp0201:20200607164100j:plain

 ネット上では、「びっくりしすぎて。衝撃。大好きな俳優さん。まだ若いし、人気出てきてますますの活躍が期待できる有望な人。療養して無事復帰できることを祈っています」、「これは驚いた。この症例の若年齢化が進んでいるってニュースで見た事あるけど…命に別状はないが予断は許さいか。後遺症とかも心配だけど、将来性のある俳優さんだし何とか無事に退院できる事を願います」など全快を祈るコメントが殺到。「私も36歳で脳梗塞をおこしました。就寝前に左足小指が痺れている様な感じで翌朝痺れが左半身に広がりました。幸いかなり細い血管だったので左足小指の痺れが後遺症で残るくらいですみました。脳出血とは違いますが最近脳の疾患の若年化が多いような気がします。皆様も、ちょっとした違和感があったら検査してください」というコメントも見られた。