【スポンサーリンク】

3週間ぶり姿を現した金正恩氏の報道で、目を奪われた「ある美女」が話題に

 北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は2日、金正恩朝鮮労働党委員長が1日、平安南道順川にある肥料工場の竣工式に出席したと報じた。

 

 金氏が公の場で活動した様子を国営メディアが報じたのは約3週間ぶり。KCNAは、金氏が竣工式に出席し、テープカットを行ったと報道。全参加者から喝采を受けたと伝えた。金氏は工場の視察も行い、製造過程について説明を受けたという。金氏は「深い感情」をもって、祖父の故金日成国家主席と父の故金正日総書記に言及し、「現代的な肥料工場が建設されたことを知ったら非常に喜ぶだろう」と語ったという。金氏は4月11日の朝鮮労働党政治局会議を最後に公の場に姿を現していなかったため、健康状態をめぐる臆測が飛び交っていた。

 

 金氏の健在ぶりをアピールした映像だったが、ネット上では、「民衆全体の中の映像が1個所も無い。金正恩が映っている映像は何故か全て民衆とは切り離された部分だけだ。本来なら民衆の中の金正恩を出すのが象徴である事をアピールする今までのやり方なのに?もしかして部分部分で合成された映像かもと疑う!!」、「この報道を見て今まで見てきたジョンウンと全く違うと感じたのは私だけだろうか。全く別人に見えます」など疑問の声が。

f:id:imp0201:20200502102057j:plain

 また、竣工式に出席した金与正氏も話題に。「金正恩よりも、傍にいる与正が髪を切って若く見えるし少し可愛くなったような気がして目がいっちゃいます」、「金与正がかわいくなっている。若いころの映像なのかなと思うぐらい。個人的には与正に目を奪われました」というコメントが見られた。