【スポンサーリンク】

木村昇吾がスリランカに出発 刺激を受けたスリランカ代表の名選手の言葉とは

 木村昇吾です。2月27日にスリランカに出発して1週間が経ちました。昨年8月にもお世話になったスリランカの名門チーム「シンハラ スポーツクラブ」で武者修行の日々を送っています。

 

 このチームで僕は「ディビジョン3」という日本で言えば3軍に所属しています。練習での動きを見て、「守備について教えてくれ」とコーチに言われるのですが、打撃はまだまだ磨かなければいけないことが多いと思います。到着後の週末に、「ディビジョン1」の試合を見学して感じたのはトップレベルの選手たちの技術の高さです。スリランカ代表の選手たちが4人所属しているのですが、ボウラー(投手)は制球ミスが少ないし、バッツマン(打者)もミスショットしない。基礎的な技術がしっかりしているからスーパーなプレーが出る。特に打撃は技術的な引き出しも多いので勉強することが多かったです。

f:id:imp0201:20200309075413j:plain

 また、プロ意識の高さにも刺激を受けました。サッチンというスリランカ代表の有名な選手がいるのですが、彼は試合後に若手に対して「なんでもっとトライしないんだ」と強い口調で話していました。サッチンは僕が元プロ野球選手であることを知っていて、「大きなチャレンジであることを知っている。オレも刺激になる。昇吾はもっともっと攻めてほしい」と声を掛けられました。この言葉は励みになりますし、目標としているインドのプレミアリーグでプレーするために、攻め気を忘れずどんどんアピールしていきたいですね。