【スポンサーリンク】

木村昇吾 スリランカで「クリケット界伝説のプレイヤー」の金言に感激

 木村昇吾です。今回はスリランカ代表として活躍し、クリケット界の伝説のプレイヤーとして知られるマリンガ選手についてお話しします。

 

 スリランカの名門チーム「シンハラ スポーツクラブ」で練習、試合の日々を送っていますが、先日に世界的有名なスーパースターのマリンガ選手とお話しする機会がありました。クリケットの世界でマリンガ選手を知らない人はいません。豪腕ボウラーとしてスリランカ代表としては「レジェンド」と形容されています。クリケットは肘を曲げずに投げなければいけないのですが、サイド気味の角度から剛速球を投げるマリンガ投手は数々の大記録を打ち立ててきました。YouTubeでも「cricket malinga」で検索すると投球の映像が出てきますが、僕は最初に見た時に「世界にはこんなに凄い選手がいるんだ」と衝撃を受けました。今回、知人の紹介でスリランカ代表の練習に参加していたマリンガ選手とお会いする場を設けて頂きました。この場を借りて、関係者の方に感謝の意を伝えたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 マリンガ選手は「ナイスガイ」としても知られています。僕が「日本でプロ野球の世界に15年間プレーしたこと、今は史上初のクリケット選手に転身して世界最高峰のインドでプレーしたい。将来的にはクリケットを日本でメジャースポーツにするための手助けをしたい」と話をしたら、真剣な表情で親身に聞いてくれました。野球とクリケットは競技として違いますが、マリンガ選手の助言は的をついていて非常に鋭いものでした。「ショウゴ、1日でも早く上達するためにこのスリランカの環境を生かした方がいい。チームプレーに割く時間がどうしても多くなってしまうが、1日に1、2時間とかコーチをつけてみっちり打撃練習した方がいい。その日々の積み重ねで上達の度合いが全然違ってくると思う。コーチで困ったらいつでも紹介するよ」と熱く語ってくれました。

f:id:imp0201:20190824125026j:plain

 日本はクリケットではマイナースポーツです。僕のことなどスリランカでは誰も知りません。でも、マリンガ選手は初対面の人間の話に真摯な姿勢で丁寧に答えてくれたことに感激しました。世界的なスーパースターは人格も超一流なのだなと改めて感じさせられました。マリンガ選手は日本が好きだが、今まで一度も来日したことがないと言っていました。日本代表もクリケットが年々強くなっています。近い将来、マリンガ選手が来日して真剣勝負できる環境が整えられるように、僕も海外で結果を追い求めていきたいと思います。