【スポンサーリンク】

木村昇吾 元DeNA・山本武白志は「僕がクリケットを始めた時よりうまい」

 木村昇吾です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、元DeNAの山本武白志選手が新たにクリケットに挑戦することになりました。プロ野球選手からの転身は僕に続いて2人目です。個人的には本当にうれしいですし、心強い存在です。プロ野球とクリケットは別物ですが、プロ野球で培った経験は必ず生きるスポーツだと感じています。

 

 僕は39歳で武白志は21歳なので18歳離れています。実は僕が横浜(現DeNA)時代に野球教室で、当時小学生だった武白志を教えたそうです。クリケットに挑戦するということで挨拶しに来た際にこのエピソードを聞いた時はびっくりしましたし、不思議な縁を感じました。礼儀がしっかりしていて心に芯が通った子です。同じ野球人として感じる部分もありますし、一緒にいて心地よい部分もありますね。

 

 練習も一緒にしましたが、何より驚かされたのはクリケットの技術です。恵まれた体格なので豪快に飛ばすイメージがあったのですが、器用にバットを操作してミートするのが非常にうまい。昨年からクリケットを1年間やっている経験から助言することはありますが、僕が昨年に始めた当初より、武白志の方がうまいと思います。どんどん伸びる可能性は十分にありますし、良い刺激になりますね。

f:id:imp0201:20190525083209j:plain

 僕自身も豪州で2度の武者修行を経て、技術的な引き出しが増えたイメージがあります。後は投球に応じてその技術をどう生かすか。実戦で技術の精度を高めていくことを追い求めていきたいですね。武白志が豪州でプロとして成功することを目標に掲げるように、僕もクリケット最高峰のインドで活躍することを目指しています。互いに切磋琢磨してクリケットを盛り上げていきたいですね。