【スポンサーリンク】

木村昇吾連載第41回 假屋崎省吾と初対面で刺激を受けた元プロ野球選手の「しょうご」  

f:id:imp0201:20181212232510j:plain


  木村昇吾です。豪州のメルボルンを拠点にするプレミアリーグのチーム「セントキルダ」でプレーしています。今月6日に天皇誕生日を祝した会がメルボルンにある日本国総領事公邸で開かれ、松永一義総領事のご招待で参加させて頂きました。

 

 なかなか入れる場所ではないので緊張しましたが、挨拶した際に「クリケット頑張って」と多くの方に声をかけてもらったのでありがたかったです。一番驚いたのは日本のフラワーアーティスト・假屋崎省吾さんがいらっしゃったことです。お話しさせて頂き、「プロ野球選手で頑張って、今は豪州でクリケットしているってすごいことですよ。名前も同じ『しょうご』なので応援していますよ」と激励の言葉を頂きました。假屋崎さんが出演していた毎日放送のバラエティ番組「プレバト!!」は家族でテレビで毎回見ていたので、実際にお会いして不思議な感覚でしたね。假屋崎さんとのツーショット写真を日本にいる3人の子供たちに見せたところ大喜びしていたので、少しは父親として自慢できることをしたかなとも感じました(笑)。

 

 12月中旬に日本に一時帰国しますが、今は豪州での練習、試合の1分1秒が貴重です。松永総領事や假屋崎さん、応援してくれる方々の期待に応えるためにも必死にやり抜きたいですね。

木村 昇吾(きむら・しょうご) 1980年4月16日、大阪府生まれの39歳。尽誠学園で3年夏に甲子園出場。愛知学院大に進学し、遊撃手でベストナインを5度獲得するなどリーグ通算打率・318、5本塁打。02年ドラフト11位で横浜に入団。07年オフに広島にトレードされ、11年は遊撃のレギュラーをつかみ、自己最多の106試合出場で37犠打をマーク。15年オフにFA権を行使したが移籍先が難航し、西武にテスト生で入団。昨年限りで戦力外通告を受け、クリケットに転身。インドのプロリーグでの活躍を目指す。あずさ夫人と子供は1男2女。 木村昇吾公式サイト(http://shogokimura.net/)