木村昇吾連載第2回 松坂世代の強い絆…うれしかった再会

 

 クリケッターの木村昇吾です。連載2回目の今回は「うれしかった再会」について。


 24日の栃木・佐野のクリケット競技施設で練習した際、プロで同期入団の河野友軌が来てくれました。僕と河野は02年のドラフトで横浜(現DeNA)ベイスターズに入団。大卒で同級生の野手は自由枠の(村田)修一、8位指名の河野、11位指名の僕でした。当時、河野とはお互いに下位指名でファームからはい上がろうと切磋琢磨していました。まだ鮮明に覚えているのが04年の出来事です。河野はオープン戦で打率4割をマーク。それでも外野の層が厚くてなかなか1軍の試合に出られない。ファームにいる時に「内野の守備を教えてくれ」と言ってきたのです。本当の理由はわからないけど僕に聞いてくれたのが、凄くうれしかった。一緒に全体練習が終わった後も日が暮れるまで2人でゴロ捕り、ノックを打ち合う日々。コーチに「おまえらそろそろ帰れよ」と言われても続けていました。2人とも1軍で活躍したいと必死でしたから。あの横須賀の風景はまだ脳裏に焼きついています。河野は08年限りで現役引退しましたが、僕が広島、西武に移籍した後も球場に来てくれて交流は続いています。

 

 今回は実際にクリケットの防具をつけて河野に打撃練習をしてもらいました。なかなかうまく打球をはじき返せず、「難しいけど面白いな。試合日程が決まったら教えてくれ。観に行くから。頑張れよ」とうれしそうに帰っていきました。僕も河野も37歳の「松坂世代」。(松坂)大輔や凄い選手がたくさんいる特別の世代です。その端くれとして一括りにしてもらえることがうれしい。クリケットの現役でプレーできることが幸せやなと思うし、同世代が頑張っている姿を励みに、クリケットで成功したいと改めて思いを強くしました。

木村 昇吾(きむら・しょうご) 1980年4月16日、大阪府生まれの38歳。尽誠学園で3年夏に甲子園出場。愛知学院大に進学し、遊撃手でベストナインを5度獲得するなどリーグ通算打率・318、5本塁打。02年ドラフト11位で横浜に入団。07年オフに広島にトレードされ、11年は遊撃のレギュラーをつかみ、自己最多の106試合出場で37犠打をマーク。15年オフにFA権を行使したが移籍先が難航し、西武にテスト生で入団。昨年限りで戦力外通告を受け、クリケットに転身。インドのプロリーグでの活躍を目指す。あずさ夫人と子供は1男2女。 木村昇吾公式サイト(http://shogokimura.net/)