【スポンサーリンク】

韓国放送局、「日本海」表記の地図使用で謝罪 日本国内の反応は…

 韓国の公共放送局であるKBSがニュースで「日本海」と表記された地図を使って抗議が殺到したことを受け、謝罪した件が大きな反響を呼んでいる。

 

 KBSは29日の「ニュース7」で、最近猛威を振るっている黄砂の原因を分析したニュースを放映した際、東海(日本名・日本海)を「Sea of Japan」(日本海)と表記した地図を使った。放送直後にネットユーザーからネット上で怒りのコメントが殺到。この事態を受け、KBSは30日午前に放映された「ニュース広場」の番組内で、「昨夜7時のニュースで黄砂のニュースを伝える際に米海洋大気庁の地図に表記された日本海の表記を不注意から露出した。担当者が放送直後に問題を確認し該当画面を修正してホームページに上げた」と明らかにした上で、「今後さらに細かく確認しこうした誤りが再発しないよう努力する。改めて視聴者のみなさんに謝罪申し上げる」とした。KBSは同日の「ニュース7」でも同じ内容の謝罪放送をする方針だという。

 

 国際的には「日本海」という呼称で呼ばれているが、韓国では伝統的に東海と呼んでいた。韓国は国際的に使用されている「日本海」の呼称に対して92年まで異議を唱えたことはなく、1986年の時点までは「日本海」の単独表記に同意。韓国政府発行の海図でも「日本海」と表記されていたが、92年に「日本海」の名称を国際社会の舞台で初めて批判。韓国政府は日本海の呼称について「国際的な海に特定の国の名前を付けるのは相応しくない」などと主張し、「日本海」と「東海」の併記とすべきと主張し続けている。そのうえで、「現在『東海』と『日本海』の併記を推進しているが、これは一次的な目標であり、究極的な目標は『東海』の単独表記を定着させることである」と表明し、最終的には「日本海」の呼称を廃止して「東海」に一本化することを国内で目指している。 

f:id:imp0201:20191030112552j:plain

 KBSが今回のニュースで「日本海」と報じたことに、韓国国民は不快感を覚えたのだろう。だが、日本国内では、「それが本当なんだから、それでいいんだって。世界中みんなそう思っているから」、「何も言い訳する事はないでしょう。国営放送のKBSが間違う事はないはずだ、本当は昔からの呼称である日本海という事を認識していたから使用したんでしょう。正しい事は正しいと国民に知らせる義務があると言えば良かっただけだ」などネット上で冷ややかな反応が。「韓国側で「東海」にこだわるのは一向に構いませんが、国際社会にまで使用を強要するのはやめましょうね。朝鮮半島側から見て東側にあるから「東海」と名付けられたのでしょうが、朝鮮半島以外の国からしてみたら、『East Sea』などと言われても位置もわかりづらく、普及するには無理があるでしょうから」と苦言の書き込みも見られた。