【スポンサーリンク】

川崎中1殺害 被告ら4人が賠償命令不服で控訴に、「遺族のメリット」指摘の声が

 15年2月に当時中学1年の上村遼太さん(13)が川崎市川崎区の多摩川河川敷で殺害された事件で、上村さんの遺族が加害者の元少年3人とそれぞれの親を含めた計8人に損害賠償を求めた訴訟で、計約5500万円の支払いを命じられた6人のうち4人が横浜地裁の判決を不服として、東京高裁に控訴した。


 被告は主犯のA(22)、上村さんを呼び出したB(21)、凶器のカッターナイフをAに手渡したC(22)の3人のほか、AとCの両親とBの一人親である母親の計8人。地裁は今年7月の判決で、Cの両親を除く6人に対し、連帯して賠償するよう命じた。このうちCが今月8日、Aとその両親が9日に控訴した。Bとその母親は控訴しなかった。原告側は13日の期限までに控訴しない方針だという。


 判決によると、AとBの親に対し、別の事件で保護観察中に不良交友が深刻化していたにもかかわらず具体的な対策を講じなかったことから監督義務違反と判断し、事件との因果関係を認定していた。Cの両親については、Cの粗暴性が事件前に表面化しておらず、監督が不十分であったとまではいえないとし、賠償責任はないと判断した。

 

 賠償命令不服で控訴した被告ら4人に対してネット上では、「殺害した罪を背負ってほしい。遺族にとっては4人で賠償支払う事が罪の償いでしょう。イジメを無くす為には厳しい判決を受け入れるべきだと思う」、「犯した罪の重大さをまるっきり分かっていないのは怖すぎます。人の命を奪って、賠償すらする気もないとは…我が子が同じことをしたら、全財産掻き集めても何とか!と思う」と批判の書き込みが殺到している。

f:id:imp0201:20190730105756j:plain

 一方で別の見方から、遺族のメリットを強調する指摘も。「交通事故でも1億なのに5500万円?…そこらで手を打っておいたほうがいいと思うけどな。被害者側の控訴で額は跳ね上がる可能性も十分ある」、「自動車保険でも1億なのに。大切な命を失った悲しみはお金では測れないけど、5500万円は安いよ。ご遺族の方に失礼を承知で言うけど、控訴して倍額以上取るべきだと思う」などの主張が。5500万円の賠償額は少ないという観点で原告に控訴を勧める意見が見られた。