【スポンサーリンク】

川崎の襲撃事件 被害者搬送の病院名を公表したメディアに疑問の声

 28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で私立・カリタス小学校のスクールバスを待っていた小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が刃物を持った男に襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。3人が重傷を負った。男は自分の首を刺し、搬送先の病院で死亡した。この事件で、メディアは被害者が搬送された複数の病院を取材して報道している。病院名が報公表されていることにSNS上では、「病院名を公表する必要はありますか?ショックや悲しみに打ちひしがれている被害者やその家族はそっとしてあげるべき。メディアや関係のない人まで病院に押しかけることを想定しないと。病院の情報は関係者のみに知らせばいいのでは」など疑問の声が上がっている。

 

 メディアの被害者への取材を懸念する声は多い。今月8日に滋賀県大津市で軽乗用車が保育園児13人と保育士3人の列に突っ込み、2歳の園児2人が死亡した死傷事故では、同日夕方にレイモンド淡海保育園の園長らが記者会見を行なった際のメディアの対応に、批判が殺到した。ショックで泣き崩れる園長に対して記者が次々と質問を浴びせる異常な光景に、「保育園は被害者なのに過失があるような質問に神経を疑う」、「人としての心を持っていないのか?」などメディアを非難する言葉でネットが炎上し、報道姿勢が問題視された。

f:id:imp0201:20190528173242j:plain

 今回の凄惨な事件でもメディア報道により、被害者や家族、関係者をさらに苦しませる事態を懸念する声が多い。「マスコミも執拗に遺族の方々に取材するなよ。この前の大津の事故のように、学校に過失があらんとばかりに記者会見で質問攻めにもするなよ。悪いのは犯人だけなんだから。被害に遭われたお子さんやそのご家族をマスコミは取材しないであげてほしい。社会に対してあなたたちが知らせるべきなのはそういう事じゃない」、「同情を煽る事に重きを置く報道のやり方は間違ってる。もっと被害者の心に寄り添って、そっとしておくのが思い遣り。そうして、彼らが心から何かを発信したいと思った時にこそ、その報道の力を見せてほしい。思い遣りに欠けた報道は無責任な野次馬でしかない」などの書き込みが。被害者の心情に配慮した報道を求める意見が多かった。