【スポンサーリンク】

河井案里議員が薬を多量服用で救急搬送 「ある過激な批判」に自制求める声が

 自民党の河井案里参院議員が28日午後4時半ごろ、東京・赤坂の衆院議員宿舎から救急搬送されていたことが報じられ、大きな反響を呼んでいる。一部報道によると、河井氏は薬を多量に服用し体調を崩したという。症状は重くないとみられる。河井氏は昨年の参院選時の公職選挙法違反事件で広島地検が捜査を進めている。27日の参院本会議は欠席していた。

 

 このニュースにネット上では、「もはや世間の同情を得ようとして、なりふり構わずのパフォーマンスに出たとしか思えなくなってきた。そうでなかったとしても、そう見えてしまう」、「かわいそうに、、、と思う国民、広島県民は多くないと思う。早く議員を辞めて(適任じゃないから)下さい」、「政治家の伝家の宝刀、困った時の駆け込み入院。日本中が悲しみに暮れている中でひっそりとやるなんてね。本当に人として軽蔑する」など批判の声が殺到。

f:id:imp0201:20200324115028j:plain

 また、「志村さんとかわってほしい」、「志村さんが亡くなってこんな人が生き続けて」という過激な書き込みに対し、「志村さんはこういう書き込みを望んでいないし、さすがに言いすぎ」と自制を求めるコメントも見られた。