【スポンサーリンク】

ある女性タレントが沢尻エリカに言及 「そこまで言うか」と驚きの声が

 タレントの加藤紗里(29)が10日、自身のインスタグラムを更新。麻薬取締法違反罪で起訴され、6日に保釈された女優の沢尻エリカ被告(33)について言及した。

 

 加藤はストーリー機能を使って、アカウントに届いた質問に返信。「薬物する芸能人をどう思う?クラブよく行くでしょ?」という質問に、「クラブは仕事でしか行かない。薬物やるとか芸能人としての意識低すぎでしょ。芸能界やめたら??」と批判した。また、「沢尻エリカさんはこの後どうなると思いますか」という質問には「うーん、別に紗里には関係ないけど、芸能人としての意識低すぎてびっくり。自業自得だよね」と指摘。「自分が影響力のある人間ならクラブで毎晩遊んだりしないよ普通」と投稿した。

 

 ネット上では、「今回も馬鹿正直にズバッと言っていて気持ちいいですね。本当にその通りだと思います。沢尻さんの事を言う人は多々いたけど、ここまでズバッとバッサリ言う事がないからスッキリしました。加藤さんは自分をしっかり管理していて凄いですね。一本筋通していてカッコいいですね」、「そこまで言うかとも思ったけど正論。沢尻への悪い感情とかではなく、世間の思いを代弁しているようにも思える」と称賛の声が。一方で、「言っていることは正しい。しかし、この人から言われると、『お前にだけは言われたくない』って思ってしまう人が大半だと思う。それ程、屈辱的なことだ」、「こんな加藤紗里ごときに言われて、グウの音も出せないほど堕ちたんだってことに気づいて欲しい」っろいう書き込みも見られた。

f:id:imp0201:20191127064735j:plain

 「相手が弱り切っているときに、関係者でもないのにこう言うハラスメントギリギリの発言をする人はインテリジェンスが低いかも知れないですね。売れる芸能人はこう言う事は言わない。この人の心は荒んでいる。そう言う人は避けられる」というコメントも。賛否両論の意見が見られたが、加藤の発言そのものは正論という見方が大半だった。