【スポンサーリンク】

加藤浩次が吉本興業残留へ ネット上は賛否両論の声

 反社会的勢力の闇営業をめぐる一連の問題で、吉本興業幹部を批判して退社を示唆していた極楽とんぼ・加藤浩次が(50)が9日、MCを務める日本テレビ系ワイドショー・情報番組「スッキリ」に生出演し、「吉本と向き合おうと思う」と残留する意向を語った。

 番組冒頭、前日に吉本興業東京本部で開催された「経営アドバイザリー委員会」を紹介。芸人・タレントの意向やニーズに合わせた契約形態が導入されることを発表した。すべての芸人・タレントと共同確認書を交わし、従来のマネジメント契約に加えて、専属エージェント契約を導入するという。加藤は今回のエージェント制について自身のアイデアであるとした上で、ダウンタウンの松本人志と浜田雅功、東野幸治、ナインティナインの岡村隆史ら芸人仲間に相談し、松本から大崎洋会長に提案されたことを明かした。


 また、松本からは「吉本芸人を一人も辞めさせないで会社を改革したい。お前も辞めないで芸人チームは一枚岩になって会社と戦うことはできないか」と説得されたことを告白。これを聞いて、「自分のエゴだけ辞めたいって言っているだけか」と自問自答した末に考えを改めたことを語った。


 「加藤の乱」とも報じられた退社騒動の末、吉本興業に残留が決定的となりネット上では賛否両論の声が上がっている。「結局…みたいになる人たくさんいるだろうけど、よく考えてみたら今までしっかりお互いに向き合わないままやってきて、今回お互いに意見交換をする事が出来て誤解してたりしてたことも解消されることってたくさんあると思う。我々だって、嫌だと思ってた人と思いっきり喧嘩して仲直り出来ることってあると思う。まずは、声をあげた事がすごい事なんだから。結果、今吉本が大きく変われそうなんだからすごい事」、「『加藤は結局辞めないのか、口先だけかよ』って言われるかもしれないが、そんな声は気にしなくていいと思う。加藤が声を上げた事で芸人さん達もしっかり考え、松本や東野、岡村、ココリコ田中、田村淳など色々な人の考えが集まり、会社を動かす結果となった。加藤が声を上げた意味はあると思うしあれがなかったら何も変わらなかったと思う」と加藤の行動を称える意見がある一方で、これに異を唱える声も。

f:id:imp0201:20190809111104j:plain

  「加藤さんが声を上げたことに、やたら称賛している人がいるけどどうかな?人騒がせと言うより、自分勝手に熱くなって公共の電波で自分だけの意見を言いまくり、会社に拳を上げた。…でも、事態が加藤さんの思惑よりずれたから、他の器の広い先輩芸人さんたちが、振り上げた拳を下げれなくなっている加藤さんに助け舟を出した感が強い。全体像、周りををしっかりと見ないで、自分の思いだけで熱くなって空回りするような加藤さんは、私は嫌い」、「あれだけ情報番組で数時間に渡って社長や会長叩いて自分の首かけて退陣迫ったけど結局大方の予想通り口だけだったよね。ただ一番の問題はあんな偏った意見で番組を私物化して自分の立場を叩きに利用した事でしょ。考えてもいないのに自分の進退持ち出して相手の進退に口を出すなんて勘違いもいい所だよね。松本ですら自分の進退しか言ってなかったのに」など批判的な指摘が少なくなかった。